このブログ内のおすすめ記事の目次を作りました。


おすすめ記事の目次


2020年05月29日

英語を学ぶ方法をいろいろと考えてみる

英語を学ぶ基本として、毎日大量に英文を読むことが推奨されています。
当たり前といえば当たり前のことなのですが。

インターネットが無い頃には、これすらも大変なことでした。

英語のニュースは、比較的平易な言葉で書かれているというのもどこかで見ました。
スマートニュースで読むのも無料ですし、いいと思われます。


英語の歌で、デクテーションをするのも趣味と実益を兼ねて続けやすいと思います。

自分で考えるだけではなく、いろいろな本や雑誌、ネットなどをみて
使えそうなものを探すというのも併用していくといいと思われます。

最近は、音声CD付きの英語のテキストを用意して、音声をスマホに取り込んでいます。
そして、テキストのうちコンパクトに数ページをスマホのカメラで撮影して、自分のLINEに取り込んでいます。

「英語のテキスト」というグループを作って、自分ひとりの部屋にします。
そこにテキストの写真を投稿しておくと、そこをみるだけでテキストを確認できます。

通勤の駐車場に止まっている時に、このテキストと音声で、コンパクトに数ページだけこなします。
そして、それを連日繰り返します。
そのうち飽きるくらいになって、染み込んできます。

割と手軽で続けることができる方法かなと、個人的には、気に入っています。



posted by net at 15:36| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

インターネットで、お金を稼ぐゲームと考える

アドセンスとか、アフィリエイトとかをインターネットをつかってお金を稼ぐゲームと
考えてみるのも気分が違ってきていいかもしれません。

あまりお金お金とガツガツしている姿は引かれてしまうだけと思われますので。

ボーリングのスパッツのように、そこだけをみて投げてみる。
ブログやホームページでスパッツに相当するものは、アクセス数でしょうか。

アドセンスの収益を目安にするのではなく、単純にアクセス数を伸ばすことだけを考えていく。
まあ、それが達成できたら、収益は自動的についてくるはずです。


posted by net at 22:39| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1位を取ると言うのは大変なことであっても

運動会でも勉強でも、あるいは、普通の競技や仕事においても、
一位を取るということは、大変なことです。

勉強やトレーニングなどかなりこなさなければなりませんし、また、
才能とか、運みたいなものまで必要とされることもあります。

でも、一旦、視点を変えてみると、ちょっと違ったニュアンスが出てきます。
視点を変えて1位には必ず誰かがなるって言うことを考えると必然であるということです。

すなわち、誰が一位になるかにこだわらなければ、必ず誰かが一位になります。
当たり前のことですが。

一位が決まるということは、世紀のイベントではなく、日常の一コマである。
ということでもありそうです。

posted by net at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

音楽でノイズをマスクする

何かをやっている時に、時として周囲の音とか話し声が気になることがあります。

そのような時に、状況が許せば、ヘッドホンでもかけて音楽を流してノイズをマスクすることが
できれば良いと思います。

かなり昔観た海外の映画のいち場面で、お父さんが居間のソファーに横になって
ヘッドホンをかけながら音楽を聴きながら本を読んでいる場面がありました。
そのお父さんの上には、小さな子供がのっかっていて、周りには別の子供が走り回ってて、
かなりうるさい環境で。
でも、そのお父さんは、平気な顔で音楽と本に没頭して。
というようなシーンが心に残っています。
その映画のタイトルも思い出せませんが。ストーリーも全然残っていません。
でもワンシーンは、残っていて、うるさい場面に遭遇したら、それが即座に
思い出されます。



posted by net at 23:05| 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

コレクションはそれを楽しむ時間と言うものも想定していなければならない

楽しむ時間があってこそのコレクションだろうと思います。

ただものを貯めるだけならば持っていると言う幻想にだけしかなりません。

たいていの実体があるものは、経年劣化ということから逃れることはできません。

古本屋さんの本とか、自分の家にある古い本とかをみると、紙は茶ばんできています。
それらの本でも、最初に新刊で入手したときには、真っ白な紙だったわけです。

グラビアの写真などは、もっと顕著に劣化が見て取れます。

コレクションの過程で、探す手間とか、入手するコストなどがハードルになりますので、
その部分が一番大切思い込んでしまいます。

でも、本来は、それを楽しむとか愛でる時間こそが一番貴重なのではないかと思います。
それは、感受性の問題でもあり、楽しむことも趣味の中に組み込んで鍛えていかなければ
発達させていくことができません。


posted by net at 15:45| コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

言葉を覚える

それまで知らなかった言葉を一つ覚えたらその分世界が広がります。

人は自分の頭で考える時には、大抵は母国語の言葉を使って考えていきます。
もちろん映像的なイメージを夢想するような考えというのもあるとは思いますが。

それでも、大半は、言葉を使って考えることになります。
意識してでも、意識してなくても。

そうであるならば、語彙が豊富なほど、深く考えることができる可能性が広がると
思います。

ただし、うろ覚えのレベルでは、あまり役に立たない可能性があります。
言葉の定義をしっかりと確認して覚えていくことが肝心です。

これは、知っているつもりになっている言葉ほど誤解している部分があるかもしれません。

辞書で調べることを考えた時に、あえて知っていると思っている言葉を調べてみる
というのは、無駄ではなく有益なことと思います。

紙の辞書であれば、その前後の言葉も目に入るというメリットもあるみたいですし。


posted by net at 18:08| ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログの記事にメリハリを付けるために枠をつけてみようかと思います

ブログに記事を書くことは、ほとんどワープロ感覚でできます。

ただ、普通に書くと、単に文字が並んでいるだけになってしまいます。
これでも十分といえば十分なのですが。

文章の途中で強調したいこととかまとめの部分などを枠線で囲んだり、背景に色をつけたりするのもいいかと思います。

以前もやってことがあるのですが、すぐに忘れてしまいます。

その都度、ネットで検索して方法を調べます。

この記事を参考にさせていただいて、コピペで試してみます。
そして、色を変更してやってみようかと思います。

背景の色の指定は、この記事を参考にさせていただきました。



posted by net at 11:48| ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

覚えたいテキストをスマホのカメラに撮って繰り返しみる

スマホのカメラ機能が発達しています。

文字を書いてある本とか、雑誌、あるいは張り紙などテキストをカメラで撮っておくだけで、いつでもどこででも読むことができます。

本当に高性能になっていますので、ちょっと撮影するだけで、十分読むことができるレベルです。

昔のスパイ映画で重要機密書類をマイクロカメラで撮影してマイクロフィルムに残すというシーンをこともなく、誰にでもこなせる時代です。

これだけでも、十分SFな未来にいると思いますが。

そうであるのなら、これをもっともっと活かす方向に考えていくのが良いと思います。

その一環として、覚えて置きたいテキストをスマホのカメラで撮影する、そして、繰り返しそれを読んでみるという方法を考えています。

これだと、対象が本であってもノートであっても一瞬で取り込めます。
そして、スマホは、ほぼどこにでも携帯している状況だろうと思います。

これは、すでに記念写真的な使い方ではなく、情報取得のツールであろうかと思います。

そして、必要なくなったら、削除する。それだけで済みます。

一度読んだら想起にも使えます。
あの写真に撮影したテキストには、何が書いてあったか。
それを考えてみて、思い出す。そして、実際に表示させてみて答え合わせをする。

空き時間を有効に使うことから考えると最強に思えます。

posted by net at 11:47| ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ギターを弾くことを続けてみようかと思っています

今更書くまでもないことなのですが、自宅にアコースティックギターがあります。

いつでも弾くことができます。

今は、教則本も動画も溢れていますので、やる気さえあればいくらでも学ぶことができます。

楽譜ということでいえば、昔、キース・エマーソンは自宅にものすごい数の楽譜があって、片っ端から弾いていたというような記事を読んだ記憶があります。

もちろんクラシックの楽譜と思いますが。

やはり、楽譜なり教則本なりがあるのならば、それを学んでいくというのは、いつの時代においても王道なんだろうと思います。

それに加えて、Youtubeに沢山レクチャーの動画があります。
いくつかチャンネルを登録してあります。

すでに環境としては、十分であることを再認識しています。
あとは、情熱次第です。

ギターを弾くことを生涯の楽しみにすることにしました。

posted by net at 17:46| 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

鶴瓶さんの曲のメモ

Aスタジオというテレビ番組が好きで良く観ます。

司会、進行役の鶴瓶さんが、ゲストがミュージシャンの時に、アルバムなどのメモを書いてあるのが映されることがあります。

そのミュージシャンのアルバムごとに曲目を書いた紙に、どの曲がいいかとか、記号でメモしてあるリストです。

遠目のショットなので、詳細はわかりませんが、それでも、その几帳面なタイトルの記載とメモに情熱は十分に伝わります。

これは、普段自分で音楽を聴く時にも使えるように思います。

例えば、Amazon Prime Music で音楽を聴くこともよくあるのですが、音楽のタイトルを全部紙に書き出して、
実際に聴きながら自分なりの評価をメモにしていく。
これをやることによって、より深くしっかりと聴くことにもつながりますし、曲名を意識して記憶に残っていくことになります。

なんとなくこのアルバムが好きという段階から、このアルバムのこの曲が気に入っている。その理由はなどと一段深い認識につながっていくと思います。

特に昔と違って、聴くことできる音楽が無限に近く多くなってきていますので、そうやって確認していく作業ということの意義は大きいものがあると思います。

何よりも楽しい作業に違いありません。



posted by net at 14:25| 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外部のホームページに記事の一覧を作ってみました

今日もネット三昧の過去ログ

トップページに戻る